HOME

American International Investors Trust (AIIT)


 



いわばオフショア積み立てものとしては案外「後発的」存在になるこのAIIT、最大のミソはボーナスにあるといっていいでしょう。

アロケーション+ロイヤリティボーナスがいわばダブルで貰えるよ、と。
さすがにアロケーションボーナスが手数料を上回る事はないですが、ロイヤリティボーナスと加味して考えると、、実質手数料分は限り無くペイする事になるで しょう。

何故にこんなにボーナス出せるねん?と聞いたら、興味深い答えが(笑)
以下抜粋。

AIIT が、まとめてファンドを購入することによって、かなりのコミッションバックが来ているものと思われます。AHLやMan Arbitrageにしても、小 口申請ばかりの弱小エージェントに3%戻してくれるくらいですから、大口になれば、もっと来るのでは? これを運用しておいて、AIITの契約者に少し、 分けてもバチは当たりませんよネ。

ふははは、裏の世界ですなぁ。。

これの親切な所は、オフショア口座を申込み後かな〜〜〜り低いラインから 作成出来るよ、といった所ですね。
はい…暗に「受取り時はこれでvisa等で使えよ、税払うのアホらしいだろ?」でもいっているかのような(爆)

コスト面ではAIIT有利、という事は、比較表をご参照を。

・・・まぁ、FPI、Hansardに比べればまだ選択肢は多くはないで すが、50種以上という選択肢になった今、
殆どその「選択肢の少なさ」というデメリットは解消された、といっていいでしょう。

また、「AIITはミラーファンド ではなく、マネージドファンドであるが為、
いわゆるオフショア生保の中貫がない」という目に見えないメリットもあります。
(これは、、モロ前面に出してアピールすべき事実なのに、、何故かうたわれていない)

■参考HP
ミラーファンドとオリジナル、そしてマネージドアカウント
AIIT内各ファンド概要

えぇ、、かなりお茶目な形になってます。
(今後の積立て、IB系の選択肢は正直AIITのみでいいくらいかも)

お問い合わせはコチラまで。


HOME