HOME>本当は怖い投資の医学?

本当は怖い投資の医学−そのまま放っておくと、大変なことになりますよ・・・

過去にご相談を受けたり、実際に拝見したポートフォリオの中で、思わずおののくような状況の方がいらっしゃいます。
軽症から、手術が必要な重症まで「ドクター?TONE」の独断と偏見で診断・治療した例です。
わかりやすさのために、実際とはかなり異なる場合がありますが、病の種類と程度は変わりません。
これは、実例集ではありません。今まで見てきた中からわかりやすく症例として再構築したものですから、患者さんとか、事情、現有ファンドリストなどの設定は架空です

※たまに「医院長(?)たくみ」が担当してます(笑)

目次 

+業者性MAN硬変(別名:MANばっかり団子病)
+
MAN/QUAがん(別名:QUAのドルとユーロで通貨分散?)
+
ホワイトプラン(別名:Dominionという名の勘違いローリスク)
+ハイリターン症候群(別名:静かに忍び寄るハイリターンの誘惑)
+
+
+
+
+
+
+
+


HOME>本当は怖い投資の医学?